株式会社 琉香 ~沖縄 老舗 染め織専門店~ 染織の製造・企画から販売まで

琉球染織専門店 琉香
琉香ぶらり珍道中


琉装 販売

 

 

 沖縄県出身者の知人の女性で、現在静岡県在住
の方のお嬢様が近々ご結婚されるということを
先日伝えられたのですが、感動したのが、その
お嬢様が結婚記念写真の前撮りをされた時、ご
本人の希望で、琉装で撮影されたそうです〔感動〕
以前から、お母様の沖縄の血が、お嬢様にも
受け継がれている事を忘れないように、機会
あるたびに、沖縄的イベントや琉球染織と触れ
合わせていらっしゃったのですが、子々孫々まで
それは受け継がれていく事は間違いないと確信
しました。

話しは変わりますが、同様に他府県の琉球好きの
方々から、度々「琉装」がしてみたいので、
イミテーションの紅型衣装でも手に入れる方法
は無いのかを相談される事が多いので、こちらに
イミテーションの紅型衣装やエイサーの衣装
などをネット販売している業者をご紹介します。

「嘉数商店〔かかず商店〕」
http://嘉数商店.com/

「花舞琉〔はなまる〕」
http://www.hanamalu.jp/
 

  

 
 

 

 

 

 

 

 

 


紅型三宗家について

 

 

 先日、テレビの番組内で、出演していた方が、
〔自称セレブの方〕成人式の時に購入した振袖
が、紅型の振袖で、番組では「紅型三宗家の
一人で知念家8代目・知念貞男さんの作品です」
と紹介していました。

最近、ちゃんと勉強しないで、情報を伝えている
マスコミの方々が多いので、琉球染織を専門で
あつかっているという関係上、沈黙しているわけ
にはいかない為に、微力ながら、このブログ内で
正しい情報を伝えていきたいと思います。

まず、「紅型三宗家」とは「城間家」「知念家」
「沢岻家」の三家で、その内の「沢岻家」は
現在は紅型の制作はしていません。
残りの「城間家」の現在の当主が「城間栄順」氏
で、「知念家」の現在の当主は「知念績元」氏で
す。
知念貞男さんは、知念家の一員ではありますが、
宗家ではありませんので、誤解の無いように…。

あと蛇足ではありますが、「○代目」という言い
方は亡くなった方に使う使い方だそうです。
ご存命であれば「○代」とするのが正しい表記だ
そうです。

  

 
 

 

 

 

 

 

 

 


 1