株式会社 琉香 ~沖縄 老舗 染め織専門店~ 染織の製造・企画から販売まで

琉球染織専門店 琉香
琉香ぶらり珍道中


琉装について...。

 

 

 

 

 

 

 

 

 首里城と同様に世界遺産に指定されている
施設に「識名園」がありますが、最近は、
その「識名園」で挙式をすることが出来る
らしいです。
私の知人の中で他府県在住の「沖縄病?」
に感染して、「沖縄好き」のあまり、永住
まで考えている方々の女性の多くは、琉装
での挙式を望んでいるようです。
 

 

 琉装は和装と違い、帯を結ぶ事はありませ
ん、まず下着の様な物で胴衣〔ドウジン〕と
いう長襦袢の様なものに、下から「カカン」
という、細かいひだスカートの様なものを
着ます。
その上から打掛の様な紅型の衣装を着ます。
基本的に帯は結ばないと言いましたが、そ
れは「ウシンチー」という着方で、襟下の
下紐に挟むように着るのが普通です。
 

 

 沖縄では16世紀頃の琉球王府時代に身分
制度が確立され、その服装も身分や階級に
よって色、柄模様、布地の種別をもって区
別していました。
身分は王家、一般士族、庶民に大別されます。
王族、士族の男性用の礼服は、黄色地を最上
とし、紫、桔梗、水色、藍色等、階級別に、
冠や帯で示します。
紅型(ビンガタ)衣装は、王族婦女子の礼服
であったとされており、黄色地、水色、うす
紅色の順で、その柄の大小にも規制があった
ようです。
また士族婦女は絣(カスリ)や上布を、庶民
は男女共に植物繊維の芭蕉布を着用していま
した。
衣装同様、髪型やかんざしにも違いがあり、
それらの王府時代の民族衣装を総称して琉装
といい、沖縄の言葉では「ウチナースガイ」
と呼んでいます。
王府時代の服制も1879年(明治12年)の廃藩
置県をもって廃止され、現代の継承では、
琉球芸能が重要な役割を果たしています。

 

 

 

 

 

 

 


 1