株式会社 琉香 ~沖縄 老舗 染め織専門店~ 染織の製造・企画から販売まで

琉球染織専門店 琉香

芭蕉布扇子〔7寸〕

首里花織帯58-1004 商品名芭蕉布扇子〔7寸〕
 商品番号NO.1
 サイズ210mm※扇子を閉じた状態の長さ
 素材

芭蕉布
白竹・25間(骨の数が25本です)芭蕉布片面はり

 価 格¥25,000円【税別】

 

商品説明

芭蕉布扇子〔7寸〕210mm※扇子を閉じた状態の長さ
白竹・25間(骨の数が25本です)芭蕉布片面はり
※紙箱付き
※芭蕉布の素材はすべて国指定重要無形文化財の
「喜如嘉の芭蕉布」を使用しています。

25,000円(税込)
 
芭蕉布は、沖縄の織物素材の代表的な一つです。古い書物の
中には13世紀頃からすでに芭蕉布は織られていて、15世紀
頃には現在の工程と同じ技法を使っていたと記されています。 
又、大交易時代や薩摩侵入後は、献上品や貢納品として大きな
役割を果たしてきました。
芭蕉布は、植物の糸芭蕉からとれる糸で織られており、芭蕉
には3種類あり、実芭蕉(バナナ)、花芭蕉、糸芭蕉があり
ます。
芭蕉布は、糸芭蕉を使います。
太陽の陽を浴びて育った糸芭蕉は、刈り採り時期になると原木
を倒し繊維を取り出していきます。 

糸芭蕉から原皮が採れるまでには約3年の成熟を待たなければ
なりません。さらに着尺一尺分には約200本の原木が必要と
されています。芭蕉栽培から糸積み、織上げるまで一貫した
手作業には、とてつもない時間と根気を必要とします。仕上
がった芭蕉布は、とても風通しがよくて軽くて暑い沖縄の気候
に最適な織物であります。現在は大宜味村の喜如嘉にその伝統
が受け継がれています。
染料には主に琉球藍と車輪梅(シャリンバイ)が使われていて、
糸芭蕉の繊維の色を地色とし、紺(琉球藍)と茶(車輪梅)等
で絣模様を表現します。
芭蕉布の絣柄の染織は他の絣とは異なり絵図を用いず絣柄に
したがって計算し、絣括りをおこないます。
  

※撮影条件の関係から多少色が微妙に異なる場合があります。

※商品に関しましては返品を賜ります。ただし、商品到着日より7日以内に、ご連絡頂いた場合に  
  限ります。その際にかかる送料につきましては、恐れ入りますがお客様のご負担とさせて  
  いただきます。

【ご注文は…】
①メールでのご注文〔24時間OPEN〕
 info@ryuka-okinawa.co.jp
②FAXでのご注文〔24時間OPEN〕
(098)879-7367
③電話でのご注文
(098)879-7367

【お支払は…】
銀行口座振込み。 代引き(代引き手数料¥540加算)。

〔口座振込の場合商品発送は、ご入金確認後となりますお振込み先の詳細は、ご注文時に お知らせいたします〕

【送料は…】
一度での注文合計金額3万円以上の場合は、送料サービスになります。
お買い上げ頂いた商品の発送方法は、郵パックにてお送りいたします。
お送りするお買い上げ商品が、縦248mm×横340mm×高さ30mm の容量に入る場合は、郵便公社の  
 「レターパック」にて、お送りいたしますので、その場合は、商品代金送料510円〔日本全国一律〕
 を加算させてお振込み頂きます。
なお、商品が[レターパック]に入りきれない場合は通常[郵パック]でお送りします。
  

  
  
 首里花織帯58-1004      首里花織帯58-1004
  
  
        

 

    

    
  

 

 

 



コメントする

※コメントは承認なしで即時公開されます。
 管理者のみにメッセージを送る場合は、「コメントを秘密にする」
 チェックを入れて下さい。